インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

クラウドプロバイダー選択時にチェックしたい5つのポイント

N&I SystemsService クラウドプロバイダー選択時にチェックしたい5つのポイント

クラウドプロバイダー選択時にチェックしたい5つのポイント

クラウドコンピューティングを導入してビジネスに役立てたいと考える企業は多い。今回は、プロバイダーを選ぶ際にチェックしておきたい5つのポイントについて解説する。

 

クラウドプロバイダー選択のための5つのポイント

 

チェックしておきたいのは「使用用途の明確化」、「サービスのセキュリティ」、「データの保存・管理」、「サポートサービス」、「拡張機能」の5つだ。どれもサービスを安全にかつスマートに利用するために大切な項目となる。

 

1. 「何」を「どのくらい」使うかを明確にする

まず、使用用途を明確にしておこう。何に対して使うのか、どのくらいの容量が必要なのかなどをはっきりさせれば、料金プランやサービス内容などから、基準に適応した物を探しやすくなるだろう。

 

2. クラウドプロバイダーのセキュリティ面をチェック

セキュリティ面は大切な基準の一つだ。データ流出など危険を未然に防ぐために、どのような対策をとっているかを見ておこう。データの暗号化・ウィルスチェックなど項目に目を通し、安全な利用が可能かを照合する。

 

3. データセンターの所在等、保存・管理面をチェック

自然災害によるデータ破損を防ぐため、これらが起きにくい場所にデータセンターが設立されているかを調べておこう。また、保存形態についてもチェックが必要だ。データが手元のパソコンに残るタイプのローカルなのか、遠隔地にあるデータセンターへのアクセスになるリモートなのか、またこれらの複合なのかを調べておくのだ。

 

4. サポートサービスの内容及びスタッフについてチェック

サポートサービスがどのように展開されているかを調べておこう。オンラインチャット、電話といった問い合わせ方法とサポート対応時間を知り、実際に役立つサポートが得られるかどうか検討しておこう。加えて、サポートスタッフについても知っておくと良い。提供サービス含めた広範囲の内容を理解し、対応してくれるプロであれば、安心してサポートが受けられる。

 

5. 拡張機能の有無をチェック

さらにストレージを利用したい時に拡張が出来るか、これも必要な項目だ。新たにシステム開発を行った際、容量の拡張が可能だと連携がスムーズになる。加えて、アカウント拡張が可能かも重要だ。手がけるスタッフが増え、新たにアカウントが必要な時にスムーズに追加できると、業務効率化に役立つだろう。

 

まとめ

クラウドプロバイダーを選ぶ際には、このような5つのポイントをチェックしてほしい。クラウドの導入目的である業務効率化が実現可能となり、且つ安心して利用できるようになるだろう。

 

参考:※外部リンク

Top