インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

最強の組織を作るために

N&I SystemsPeople 最強の組織を作るために

最強の組織を作るために

最強の組織は、はたしてトップダウン型か?

現在の経営で叫ばれていることは、

トップが理念、方向を伝え、執行がその方向で処理していく方式。

たとえば、よく知られていることだが、ディズニーランドでは現場で判断に困ったとき、

理念に立ち戻り、自らの判断で実行することを推奨している。

実は、先般、『英国式海兵隊に学ぶ 最強組織の作り方』では以下の例を挙げている。

湾岸戦争後の1991年。
イラク山岳地帯24万人のクルド難民を1ヶ月で難民キャンプに移送することの命(ミッション)を英国海兵隊将校ダミアンが受けた。
上官の指示は、これだけだった。

彼は、すぐさま4つの計画(難民に水と食料を与える・・・)を立て実行に移した。

この作戦は見事成功するのだが、ポイントは
現場の将校たちは常にミッションを基準に考え、自分たちで判断し、行動した。

戦時では、いちいち上にお伺いをたてていたら戦局が動き、間違えた判断になってしまう。

彼は、こうも言う。

軍隊では、部下は上官のコントロールどおりに動くだけだとよくいわれる、しかし、事実は、全く逆だ。

私の軍隊人生において、上官にこと細かく管理されたことはないし、管理したこともない。

むしろビジネスの世界の方が、管理志向である。

シック・ジャパン アジア地区VPは、

予測不能な敵と戦うには、伝統的な中央集権・絶対服従的組織は、まったく機能しない。

それゆえ、ミッションを共有し、適切に権限を委譲しなければならない。

川瀬

参考:最強組織の作り方

kawase

Top