インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

雇用者にとって魅力的なエンジニアとは

N&I SystemsPeople 雇用者にとって魅力的なエンジニアとは

雇用者にとって魅力的なエンジニアとは

エンジニアが転職しようと思ったら、実際に新たな職に就くまでのプロセスは、決して心躍るものではない。しかし転職というのは、見方を変えればエンジニアにとって大きなキャリアアップのチャンスでもあるのだ。ここでは、雇用者の目に留まる履歴書の書き方と、面接時にとくに見られている、エンジニアとしての特性を紹介しよう。

 

これだけは必ず守ろう!履歴書作成の大原則

1. ミスをなくせ
細かいところへの気配りが重要なのが、エンジニアの仕事だ。誤字脱字の多い履歴書を見て、あなたを採用したいと思う雇用者はいない。

 

2. 過去の実績を伝えよう
雇用者が知りたいのは、あなたが会社のニーズに応えられるかどうか。前の会社でどんなポジションについていたかだけではなく、「何を成し遂げたのか」、つまり自分のこれまでの実績を積極的にアピールしよう。

 

3. 違う会社には違う履歴書を
雇用者に真剣さを伝えたいなら、それぞれの会社に対して履歴書の内容を変えることが重要だが、意外とこれができていない人が多い。会社の特徴をよくリサーチをし、応募するポジションになぜ自分が相応しいのかを伝えよう。

 

4. 最新のテクノロジーにも通じていることをアピール
目まぐるしく進化を遂げるITの世界。それに乗り遅れているようでは、雇用者側にとって魅力的な志願者であるとは言い難い。履歴書のどこかに、IT界の最新ワードをさりげなく忍ばせてみるのも効果的だ。

 

5. 簡潔な履歴書を
いくら実績を積み重ねているからといって、それをダラダラと履歴書に書き連ねることは避けた方がよい。数え切れないほどの履歴書を受け取る雇用者側は、各履歴書を隅々まで読んでくれるとは限らない。自分の履歴書が、読みやすく構成され、簡潔に自分の特性を書き表しているか、今一度確認しよう。

 

 

雇用者はここを見ている!見逃しがちだが大切なエンジニアとしての特性

1. コミュケーションスキル
テクノロジーの知識に乏しい顧客に分かりやすい言葉で説明したり、チームのメンバーや上司と的確なコミュニケーションをとることができる能力は、エンジニアにとって大変重要だ。

 

2. 細かいところまで気を抜かない
小さなミスがシステム全体に不具合を引き起こすのが常であるエンジニアの世界。細かなところにも気を配れない応募者は、雇用者が欲しがる人材とは言えないだろう。

 

3. 学び続ける意思表示を
エンジニアの世界においては、常に新しいことを学ぼうとする意欲が不可欠である。最近受講したスキルアップコースのことなど、自己投資に力を入れていることはアピールポイントになる。

 

4. 海外文化への理解
今日のエンジニアたちは、海外からのエンジニアと共に働く機会も多い。そんな中で異文化への理解が足りないと、チーム内に深刻な軋轢を生み出すことにもなりかねない。自分の海外経験や語学力をアピールして、面接官にグローバルチームでも働けることを印象付けてよう。

 

5. ユーモアのセンスとポジティブな姿勢
ミスを犯したとき、締め切り前でピリピリしているとき、そんな時にありがたいのはちょっとしたユーモアのセンスだ。明るい性格でいつも前向きな人が好まれるのは、エンジニアの世界にあっても例外ではない。面接にも、明るくポジティブな態度で臨もう。

 

 

まとめ
仕事を探すときには、ひたすら自分をアピールするのではなく、相手が何を求めているのか、自分の言動や行動が相手の目にどう映るのかといったことを、いつも心に留めておく必要がある。上に挙げた点を頭において、自分のキャリアアップにつながるような夢のポジションを取りにいこう。

参考:
10 Characteristics of an effective engineering resume

What Traits Do Employers Look For When Hiring An Engineer?

Top