インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

高いセキュリティーと低コストを実現! 今注目のハイブリッドクラウドとは

N&I SystemsTechnology 高いセキュリティーと低コストを実現! 今注目のハイブリッドクラウドとは

高いセキュリティーと低コストを実現! 今注目のハイブリッドクラウドとは

セキュリティー問題への懸念などから、多くの企業がパブリッククラウドからプライベートクラウドへのシフトを始めている。しかし、プライベートクラウド構築のための費用や、インフラ管理の問題などにより、全ての企業が一気にプライベートクラウドに移行できるわけではない。

そんな中注目を集めているのが、ハイブリッドクラウドである。ここでは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方の利点を兼ね備えたハイブリッドクラウドについて紹介する。

 

パブリッククラウドとプライベートクラウドの利点と欠点

今や企業運営に欠かせないクラウドサービスだが、パブリッククラウドとプライベートクラウドにはどんな利点と欠点があるのだろうか。

 

パブリッククラウド

パブリッククラウドとは、第三者であるクラウドプロバイダーによって提供されるクラウドサービスのことで、プロバイダーが所有するインフラを使用するため、インフラ構築のコストとメンテナンスの手間を省くことができる。しかし、一つのインフラを他の顧客と共有することになるので、データ保存の観点からセキュリティーがしばしば問題視される。また、プライベートクラウドに比べて、カスタマイズやコントロールの面で制限がある。

 

プライベートクラウド

プライベートクラウドは、各企業が独自に所有し、企業内のサーバやインターネット上で運営される。これにより、高いセキュリティーと柔軟なカスタマイズが実現される。また、他の企業とインフラを共有しなくていいので、重要な情報を安全に保管することができる。しかし、ハードウェアなどの予算を費やす必要があり、またシステム運営やITスタッフのトレーニングのための費用や時間がかかる。

 

なぜハイブリッドクラウドなのか?ハイブリッドクラウドの5つの利点

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方を使用した融合クラウドサービスである。これによって双方のクラウドサービスの利点を享受しつつ、一つの環境下でスムーズに作業を行うことができる

 
利点1:柔軟なビジネス運営

機密性の低いデータはパブリッククラウドに、重要なデータはプライベートクラウドにというように、ビジネスのニーズを多様化することによって、企業はリソースを有効に活用し、柔軟にビジネスを運営することができる。

利点2:コスト削減

プライベートクラウド内で扱うデータの量を調節できるので、プライベートクラウド使用を最低限に抑えることができ、その結果オペレーション費用の大きな削減につながる。

利点3:高度なセキュリティー

重要データをパブリッククラウドの外部で保存することにより、セキュリティーを向上させることができる。

利点4:パフォーマンス向上

必要なアジリティを提供するスケーラブルなネットワークにより、企業はSLAを向上させ、ダウンタイムを低減することができる。

利点5:スケーラビリティ

機密性の低い機能をできるだけパブリッククラウド上で行うことにより、プライベートクラウドへの要求を減少させ、パブリッククラウドの持つスケーラビリティを最大限に利用することができる。

 

ハイブリッドクラウドの課題

利点の多いハイブリッドクラウドだが、いくつかの課題も抱えている。そのうちの一つがITインフラへの依存である。一つの環境下で複雑なネットワークが稼働するため、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方を効率的に管理する必要がある。

 

まとめ

ハイブリッドクラウドの出現によって、企業にとってクラウドの選択肢の幅が広がった。今後この技術は更に精度を増していくであろうと考えられ、様々な利点を兼ね備えるハイブリッドクラウドが、将来クラウドサービスの中心となるのかもしれない。

 

 

参考:
Interoute: What is a Hybrid Cloud?
http://www.interoute.com/cloud-article/what-hybrid-cloud
2X: Hybrid Cloud Computing Overviews & Benefits
http://www.2x.com/blog/2013/09/virtualization/hybrid-cloud-computing-090313/

Top