インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

5種類にわけて解説、クラウドコンピューティングについて

N&I SystemsService 5種類にわけて解説、クラウドコンピューティングについて

5種類にわけて解説、クラウドコンピューティングについて

「クラウドコンピューティング」は常に進化を続けていると言えよう。コスト削減、スペース削減、業務の効率化と、クラウドによる利点は大きい。その恩恵にあずかるために、このサービスについて基礎的なところを押さえておこう。

 

1.ネットワークを使ってソフトウェアを利用するシステム

一般的にはSaaSと呼ばれ、「Software as a Service」の略となる。ネットワークを介してソフトウェア等のサービスが利用できるものだ。通常、ソフトウェアの利用には、インストールやライセンスの購入といった手間が存在するが、これらを必要とせずスマートに使えるのが特徴。また、使ったアカウント数や期間分のみの支払いになるため、簡潔な利用が可能だ。

 

2.ネットワークを使ってハードウェアを利用するシステム

これはIaaSと呼ばれ「Infrastructure as a Service」の略となる。ネットワークを介してハードウェアが利用できるタイプで、具体的には、仮想化の技術を使ってストレージやメモリー、プロセッサー、OSなどが使える。メリットとしては、物理ハードウェアの在庫を抱えるリスクが軽減する、使った容量だけ支払うため明確な利用が可能になる、などが挙げられる。

 

3. クラウドを利用したウェブサービス

アマゾンなども提供する大型のウェブサービス。クラウド上に用意されたシステムを利用した新たなシステムの開発や稼働、テストのほか、エンジニアのサービスなどからイマジネーションをもらったりすることも可能。こちらも、利用した分のみの料金となるため、計画的な利用を見込むことができる。

 

4. マネージドサービスプロバイダ

これは、MSPともいわれ、一元ですべてを提供するサービスである。新しいサービスを利用する時には通常、機材を用意して設置や設定を行い、次いで稼働、運用、管理を実行していく。自社で行うにはなかなか手間がかかるこういった一連のフローすべてを、サービスとして提供するのがこのスタイルの特徴。手間がかからず、スムーズな実行が可能になる。

 

5. プラットフォームを提供するサービス

サービスを提供する会社のデータセンター内にある仮想サーバー環境が利用できる。用途は仮想マシンの管理や操作、データのバックアップなどで、リソースの増減が可能、専用線やインターネットなど接続方式を選べる、といった特徴がある。例えるなら、仮想サーバーのレンタルに近い。

 

まとめ

クラウドコンピューティングのサービスの多くは、使った分のみの支払いであるため、費用面でも安心だ。利用することでコストカットや効率化をもたらすので、クラウドをまだ利用していないのならば、導入を考えてみるのはいかがだろう。現在かかえている諸問題の解決につながるかもしれない。

 

 

参考:※外部リンク

Top