インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

ネットワークエンジニア・構築業務インタビュー

N&I SystemsRecruit ネットワークエンジニア・構築業務インタビュー

ネットワークエンジニア・構築業務インタビュー

「この人についていきたい」。そう思える人が役員にいる会社に入りたいと思った。

Kさん(32歳・ネットワークエンジニア・構築業務)

私は四年制大学の経済学部を卒業しました。
まったくの文系で、なんとパソコンのことすらよくわかっていなかったのです。
新卒でとあるIT企業に入社し、順調に役職もあがっていきました。

ある時、配属された職場でNIS(エヌアイスタッフ)から来ていた小田桐さんと知り合ったのですが、「小田桐さんと一緒に働きたい!」と強く感じ、NISへの転職を希望しました。

小田桐さんのすばらしさは一言で言うと、「有言実行!」なところです。
かなり専門的な分野の仕事だったのですが、スタッフの意向も汲みながら、本人のやる気を出させて適材適所で現場を回していくところなどは「さすが!」という感じでした。

普通なら「それは無理ではないか?」と思うような配置転換でも、フォローをしつつ、うまく軌道に乗せる手腕はなかなかほかの人にはまねできません。

普通の人より何歩も先を見渡す目があるのだと思います。
今でも小田桐さんのもとで働いている人は、私と同じように感じていることでしょう。

エンジニア職もコミュニケーション力が大切。

私はセキュリティサービス事業部に所属し、ファイアウォール製品を中心としたネットワーク機器の構築を行っています。Juniper社やFortinet社の製品を得意としています。

この会社に入る前までは一社の製品のみを扱っていたのですが、この会社に入ってからというもの、いろいろなエンジニアに教わりながら幅広い製品知識を付けられています。

エンジニアというと一日中機械と向き合って、人と話さないような職種というイメージがかつてはありましたが、今の時代エンジニアの仕事の幅は広がり、次のように一連の作業を任されています。

  • お客様との事前打ち合わせ
  • 要件のヒアリング
  • 見積書の作成
  • 要件に対応
  • お客様先へ納品
  • アフターフォロー

機械に向き合うだけではなく、ビジネスの一連の流れを自分で担当することによって仕事の視野が広がりました。

構築作業の担当が自分ではなくほかの担当者の時は特に、しっかりコミュニケーションをとる必要があるのですが、自分にとってここはまだまだ課題あり。

今後改善していこうと頑張って取り組んでいます。

仲間がいるという喜び

客先で勤務していたときは、本社で仕事をする事はあまりありませんでした。今は本社で勤務していますが、機械に囲まれた客先と違い、本社はとても静かな環境です。

これまでは機械の音に囲まれた環境だったので、大きい機械を自社で触るときは「うるさくないかな?」と気を使ってしまうくらいです。(笑)

朝はまずメールのチェックから。それが終わると関東近郊のお客様先に訪問し、お客様の課題や相談事を詳しくお伺いしてきます。

午後は本社にかえって検証作業を行うことが多いのですが、お客様先で構築作業を1日中行っていることもあります。また、仕事終わりには上司と飲みに行くこともよくあります。

ネットワークエンジニア・構築業務の風景

ネットワークエンジニア・構築業務の風景

今は以前に比べ、機械の代わりに人に囲まれていて、人と接することができるのでより楽しく仕事をしています。

根を詰めて仕事をしているとどうしても疲れてしまうものですが、そんなとき気軽に話せるメンバーが回りにたくさんいることは、仕事のモチベーションを保つ上でとても大切なことだと気がつきました。

一緒に頑張る仲間とチャレンジ・成長できる環境がここにあります

2015年からは新人研修の講師にも抜擢され、1ヵ月にわたる研修を行いました。
今春も構築作業という本業を行いながら、新人研修講師を務めます。

講習会や資格取得費用サポートなど、学ぶ環境が整っている上に上記のようなチャンスを与えてくれる会社なので、自分次第でどんどん成長することできる環境があります。

エンジニアというと先に述べた通り、一つのジャンルしか経験できない会社も多い中、この会社ではクラウドでも、セキュリティでもキャリアをつむことができます。
何よりそのような環境を与えてくれる社風があり、将来の可能性は無限大です。

1人でチャレンジするのは時々難しいこともありますが、前にも横にも後ろにも、同じように頑張ってチャレンジし、一緒に成長を支えあえるよい仲間がいることも重要なことでしょう。

目標をひとつクリアすると自信につながり、また次のことにチャレンジしたくなってきます。
自然とこのような気持ちが芽生え、同じようにがんばる人がこの会社のチカラになっていると思います。

私もまだまだチャレンジしたいことがたくさんあります!
メンバーも増えてきましたので、また何か新しいことにチャレンジしたいと意気込んでいます。

Top