インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

新米ITセクレタリィ®の奮戦記~私がMESHで開発?!~【第五章】

N&I SystemsPeople 新米ITセクレタリィ®の奮戦記~私がMESHで開発?!~【第五章】

新米ITセクレタリィ®の奮戦記~私がMESHで開発?!~【第五章】

玉城さんのやることリスト

「玉城さん、昨日ははじめてのプレゼンお疲れ様。そういえば、会長から言われた宿題できそう?」

そうだ、思い出した。昨日はタルトケーキに夢中ですっかり忘れていたけど、新たに宿題が出たんだった。しかも会長直々の宿題。

「あー・・・MESHでプログラムを作るって話ですよね。全然わからなくて・・・私なんかにできますかね??それと、紫陽花さんはやらないんですか?」
「俺はいいの。元々MESHは玉城さんの研修に使ってみたかっただけだからさ。じゃあ、ちょっとやり方についてレクチャーするから、会議室の予約取ってもらえるかな。」

あれ?!私ってば、まんまと室長の手のひらで転がされてたんだ・・・!
さすが紫陽花室長というか、なんと言うか・・・とりあえず会議室を予約~っと。

その後、会議室で紫陽花室長から具体的なアクションについてレクチャーがあった。

 

▼玉城さんのやることリスト

  1. MESH/IoTのプログラム事例を調べること
  2. MESH(MESHタグ、MESH開発プログラム)の機能と制限事項を調べること
  3. MESHプログラム の開発端末を手配して(基本、社内端末を借りること。購入は不可)、開発・実験環境をつくること(必要環境を調べること)
  4. 上記、1,2を参考に、どんなプログラムをつくったら“おもしろい”か、自分のアイデアを練ってみること
  5. 不明点や、行き詰ったら周りの人に相談すること(技術面はSEの市川さん、事務面は羽田さん、その他は紫陽花室長)
  6. 進捗は、デイリーで報告すること
  7. まずは、MESHが届いたら、いじくりたおしてみること

 

やることはたくさんあるけれど、今回は期日に余裕があるので、ひとつひとつこなしていこう!

 

注:この奮戦記は実際のお話を基につくられたフィクションです。実際の組織、人物とこの物語の登場人物は必ずしも同じものではありません。また、誇張や創作が混じっていることをご了承の上、お楽しみください。

(玉城璃乃)

 

→ITセクレタリィサービス概要はこちらをクリック
→「ITセクレタリィ」「IT秘書」及びロゴマークは株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズの登録商標です

Top