株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

システムエンジニア小野寺さん

異業種から知識ゼロの転職。
3年で上流工程に携わっています。

システムエンジニア
小野寺さん(転職中途採用入社)

2015年9月にエヌ・アンド・アイ・システムズ(以下:N&I)に入社した小野寺さん。N&Iに転職する前まではなんとアパレル業界にいたのだとか。全くの異業種からの転職について、入社後のキャリアや社風についてなど、ざっくばらんに語っていただきました。

アパレルからIT業界への転職とは大きな決断だったと思います。
なぜ異業種に転職しようと思ったのでしょうか。

ITの可能性を目の当たりに。
34歳で異業種への転職を決意しました。

アパレルショップでは店長職などもまかされていて、とてもやりがいを感じていました。ある時、店舗販売に加えてインターネットでも商品を売ってみようということになり、ECサイトをオープン。洋服と言えば実物を確認して買うのが常識と思っていたので、インターネットで売れるのかどうか、みな半信半疑でした。

ところがこれが思いのほか売上を上げ、正直なところ驚きました。ITが1つのインフラになりつつある事を目の当たりにし、ITに対する今後の大きな可能性を感じたのです。

また、洋服を買いつける仕事では、自分が良いと思って買い付けたものと、若いスタッフが選んだものとでテイストが違ってきたことも、転職を決めた要因です。アパレルという流行がある業界は、年齢と共にセンスが古くなってしまいます。一方IT業界であれば、年齢に左右されずキャリアが築けるのではないか、と考えました。

アパレルからIT業界への転身はもちろん悩みました。アパレルが好きだったこともありますし、IT知識がなかったという不安もありました。けれども今となっては、34歳のあの時に決心してよかったなと思います。

IT業界といっても様々な企業があったと思います。
N&Iに決めた理由を教えてください。

丁寧な面接と
年齢・経験を問わない採用条件です。

いくつも転職サイトに登録し、いろんな会社をみました。面接も複数社受けました。N&Iに決めたのは、なんといっても面接時の印象です。他社の面接とは全く違って、面接官がとても親身になって話を聞いてくれ、社内や業界のことを事細かに教えてくれました。

他社では「未経験者歓迎」とうたっていても、実際には年齢制限や資格を取ってから仕事が始まるというような条件があることがほとんどでした。一方N&Iでは年齢不問。入社後の研修・資格取得制度も充実していて、未経験者を受け入れる具体的な準備があることが面接でもわかりました。

最終的には社員の人柄や未経験者への手厚いサポート体制が、N&I入社の決め手となりました。

社内研修の様子

実際入社してみていかがですか?

知識ゼロから3年で
上流工程に携われるようになりました。

一般的に、転職では「聞いていたこと、思っていた印象と違う」などの違和感がつきものと聞きますが、私の場合そういうことはありませんでした。入社後も社長をはじめ、役員の人も気さくに話しかけてくれますし、社内研修も充実しています。実際に社内サポートを受けながら、いくつか資格も取得しました。

N&Iでは他のシステム会社と同様、未経験者は監視・保守という業務からはじまり、スキルとともに運用、構築と業務の難易度が高くなっていきます。どうせやるなら上流工程を目指したいと、入社当初から目標をもって勉強した結果、知識ゼロの状態から3年で上流工程に携われるようになりました。

資格取得サポートについては、金銭的な援助はもちろん助かりますが、それ以上に「先輩社員や役員から教えてもらえる環境」がとてもありがたく感じました。社内は物理的にも心理的にもオープンな環境で、わからないことがあればすぐ行って話しかけることができますし、「困っている同僚、後輩を助けたい」という愛情ある社内文化なので、快く教えてくれます。また、先輩社員や役員と話すことで、自分の将来をイメージしやすいというメリットもあります。

最初はオンサイトと言って、クライアントの企業に常駐することが多かったのですが、毎月1回、全社員が本社に集まる「Ncafe(エヌカフェ)」というイベントがあり、そこには必ず参加するようにしていました。日ごろは別々の場所で働いていても、そういう機会に他の社員から話を聞き、技術的なことを教えてもらうことも可能です。

オンサイトではクライアントごとに案件が違うので、色々な技術や機器について学ぶ機会になりますし、何より自社の代表として対応するので気が引き締まります。ITに携わる者として欠かせない、セキュリティの意識も高まりました。

実際にはキャリアのことで悩むこともありましたが、上長との面談やNcafe(エヌカフェ)のような機会があるので、要所要所で相談し、アドバイスをもらいながら今に至っています。
外で常駐している社員が孤立しないよう、悩みを相談しやすいように細かなケアしてくれる会社に感謝しています。

社内文化や人間関係はいかがですか?

悩みを相談できる環境と文化があります。
公私にわたるコミュニケーションで助けてくれました。

Ncafe(エヌカフェ)以外にも、社員が交流する工夫がたくさんあります。例えば私はフットサルやバイクが趣味なのですが、入社後すぐに「よかったら練習に来ない?」と営業の方に声をかけてもらい、フットサルチームに入りました。フットサルの練習中、ちょっとした仕事の悩みを打ち明けると親身になって教えてくれたり、「あの人に聞くといいよ」と社内の人脈をつなげてくれたり。

一般的な会社では部署単位で仲良くなるということはあると思いますが、N&Iでは部署というくくりを飛び越えて、様々な知識や価値観をもつ人と交流できるので、自分の仕事の幅も広がります。

また、仕事で根を詰めて頑張っていると、それを察して「ちょっと飲みに行こうよ」と上司や役員が声をかけてくれることもよくあります。愚痴や悩みなどを聞き出してくれ、的確なアドバイスはもちろんのこと、必要に応じて直属の上長にも共有するというような根回しまでしてくれます。

「この人を成長させてあげたい」「助けてあげたい」という気持ちが随所にあふれ、自分もまた、その気持ちに対して恩返ししたいなという想いが自然にわいてきます。

いわゆる「飲みニケーション」はもちろん強制ではありませんし、断りづらいという空気もありませんから、そういう人は勤務時間中や本社イベント時などで相談すればよいですね!

社内フットサルイベント
社内交流会の様子

今後N&Iでチャレンジしてみたいことはどんなことでしょう。

目下の目標は、システム構築のヒアリングから納品までを一人でできるようになることです。そのためには技術力のみならず、クライアントのニーズをいかにくみ取れるかというコミュニケーション能力や、プロジェクトを取りまとめるマネジメント力などが必要です。

特にシステム設計は高額なサービスのため、クライアントの要望も高まります。色々追加したい機能なども出てきますが、どこまでをサポートするかという線引きも必要。クライアントの納得感を得ながら「できること、できないこと」を伝えることができるようにならなければなりません。

そのためにも、常に「相手の立場に立つ」「寄り添う」という意識を持ち、コミュニケーション力を磨きながら場数を踏んでいきたいと思っています。

N&Iを一言で表すと?

「あたたかい会社」でしょうか。

人間的に温かい人が多いんです。皆それぞれに仕事を抱え、自分の仕事でいっぱいいっぱいな時でも、他の人を助けたいという気持ちが溢れています。

N&Iは中小企業ながら、大手企業のシステムを担っており、そのためのスペシャリストが揃っています。社長も一営業マンとして素晴らしい実績を納めてきた方なので、身近に社長の話が聞けるぜいたくな環境があり、本を読むだけでは得られない学びがたくさんあります。

技術者は往々にしてその技術力を独り占めしがちだと聞きますが、N&Iでは「みんなに教えてあげたい」という気持ちの人が多いので、自分次第では最新の技術を仲間から学ぶこともできます。

IT業界に興味がある方は、「コミュニケーションをとりたいけど自分から話しかけるのは苦手……」という方も少なくないようですが、N&Iなら心配無用!周りの人からアプローチしてくれますから、少しずつ馴染んでいくことができます。声の大きい人ばかりが注目を集めるのではなく、見えないところで貢献している人にもスポットライトを当てる環境があります。

社内交流会の様子

新しい仲間へのメッセージ

長く働くには人間関係がとても大切だと思います。

年齢、経験関係なく受け入れ、資格や研修などのサポートが充実しているということはもちろん魅力的だと思いますが、何より人の温かさ、お互いに助け合って高め合おうという家族のような気持ちがN&Iの最大の特徴です。

そういう会社で働きたいという人は、ぜひ面接で確かめてください!

小野寺さん

エントリーフォームはこちら

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ