株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

営業時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

データサイエンティスト下地さん

データ分析という仕事は
大きな可能性を秘めています。

データサイエンティスト
下地さん(転職中途採用入社)

銀行員からデータサイエンティストへの異業界・異業種転職をした下地(しもじ)さん。入社1年半がたち、仕事がますます楽しくなってきたとのこと。担当している仕事内容や、やりがいを感じるポイントなどを語っていただきました。

沖縄から東京へ。銀行員からデータサイエンティストへ。

エヌ・アンド・アイ・システムズ(以下:N&I)に入社する前は、銀行員として仕事をしていました。横浜の大学でファイナンスを学び、沖縄の銀行に就職。新入行員として営業店に配属されました。

実家が宮古島なので、沖縄本島の新しい生活にもすぐに慣れることができました。配属された支店の雰囲気も良く、仕事はハードながらも良い先輩方に囲まれて、充実した社会人生活を送っていました。

そんなある日、読んでいたビジネス週刊誌で「データ分析特集」を目にします。統計なども興味のある分野だったので、何気なく独学を開始。知れば知るほど楽しくなり、この知識を活かしたいと思うようになりました。

ニュースでも「ビッグデータ」や「AI」などが話題に上ることが多くなり、統計やデータ分析の分野は今後伸びていく業界だという考えもあって、その業界への転職を考え始めました。

銀行の先輩に勧められて読み始めたビジネス週刊誌。今思えば、その雑誌を手にしていなければ、データサイエンティストにはなっていなかったかもしれません。

「データサイエンティスト 未経験者歓迎」のN&Iにアプローチ

独学をしていたとはいえ、当時、データ分析業務の経験はゼロでした。
「データサイエンティスト 未経験」などのキーワードで調べていたのですが、「未経験歓迎」という会社はごく数社。N&Iはその数社のうちの、貴重な1社でした。

IT企業は業界自体が若く、創立から年数の浅い会社が多いものですが、その点N&Iは創業25年。IT系にしては歴史のある会社だと思いました。データサイエンティストの部署が新設されたばかりのタイミングでもあったので、未経験者の自分でも受け入れてもらいやすいかと考え、応募することにしました。

沖縄から面接に出向くことを伝えると、「何度も来てもらうのは大変でしょうから、1回の面接で決めますね」と言ってくれたのはありがたかったです。週末に一度上京して面接を受け、その後は沖縄で採用通知を待ちました。

内定してからはこんな感じ。

5月 :最初で最後!?の面接
5月末:N&I内定
6月 :銀行に退職の旨を伝える
7月 :有給消化と引越し
8月 :N&Iでの勤務スタート

まさにとんとん拍子!内定が出た3か月後には、引っ越しを済ませてN&Iで働いていました!

充実した研修と一人ひとりの能力を伸ばしてくれるN&I

入社時に受けた研修の様子

入社時に受けた研修の様子

N&Iの良いところは、とにかく研修がしっかりしていること。入社して数か月は本社で基礎から研修を受けられ、ネットワーク構築や統計などを学び、「SAS」の資格を取得しました。

研修を受けている間は仕事をせず、会社からお金をもらいながら勉強する毎日。多くの企業が研修にかける時間とコストを削減するために、未経験者ではなく経験者を採用します。N&Iのように利益を度外視してしっかり研修をしてくれるということは、未経験者にとって本当にありがたいことです。

研修は自由参加のものが多く、自分が勉強したいと思う講座を受けることができます。週末に半年かけて学ぶというような本格的な研修もあり、スクールなどに通わずとも、社内でしっかりした勉強ができます。今後のキャリアアップを考えても、とても恵まれた環境ですね。

ある研修を担当してくださった先輩が私の素養を見抜いてくれたので、自分の興味がある仕事に早い段階で着くことができたことも幸運でした。

社員に学ぶ場を与えることを重視する会社の姿勢と、一人ひとりの能力を最大限に生かそうという先輩方の想いに、とても感謝しています。

データ分析の仕事内容と今後のキャリアデザイン

自分で勉強することもたくさんあります

自分で勉強することもたくさんあります

銀行の業務もやりがいを持って取り組んでいましたが、お客様への応対や事務作業、ATMの修理等、様々な業務をこなさなければなりませんでした。その点今の仕事では、自分の好きなデータ分析の仕事に集中することができています。一つのことにのめり込むタイプなので、自分に合っているのでしょうね。

今後、自分のスキルをどう磨いていくか、そのスキルを使って何をしていくかについては悩むところでもあります。自分の作った何かが、社会や人々の役に立つサービスにつながればうれしいなと考えています。

そのためにも、今はとにかく勉強だと思っています。データ分析の分野でも、日々新しい手法が発表され、コンピューター言語も時代と共に変わります。
いざ「何かをしたい」と思ったときにそれを形にできるよう、今は勉強と実績を積んでいくことに集中するのみです!

入社時と比べれば、確実に成長していることを実感があります。今では簡単な分析モデルを一から組むことができますし、データの扱い方がうまくなってきたなと感じることもあります。

データ分析業務に向くのはこんな人!
コミュニケーション力も大切な要素

データ分析業務もチームワークが大切。

データ分析業務もチームワークが大切。

好奇心をもって粘り強く取り組める人、几帳面でミスが少ない人が、データ分析業務には向いているかもしれません。

というと、一人で黙々と仕事をしているように聞こえるかもしれませんが、実際の業務では先輩方に「これ、どう思います?」などと聞いたり、相談したりしながら進めることもたくさんあります。

データ分析という職種でも、コミュニケーションが上手な人ほどいい仕事ができると考えています。

残業はほぼナシ!趣味に没頭する時間も大切に

N&Iなら仕事と趣味を両立できます。

N&Iなら仕事と趣味を両立できます。

今は9時半~10時ごろに出社して、18時頃には帰社しています。
趣味でクライミングをしているのですが、仕事終わりにクライミングジムへ行くこともあるので残業はなるべくしないように、時間内に仕事を終えられるように頑張っています。もちろんどうしてもやってしまわなければならない作業が残っていれば残業もしますが、それでも1ヶ月に数回、1時間程度でしょうか。

先輩方を見ていても、プライベートと仕事のバランスがとれているように思います。N&Iの社員は趣味がある人が多く、みんな公私ともに充実しているようです。

「ブラック企業か否か」と聞かれたら、確実に「NO」だと言えます!

社長(右下)も参加してのビンゴゲーム!

社長(右下)も参加してのビンゴゲーム!

今はお客様の会社内で仕事をしていますが、本社にも月数回、足を運びます。社員が集まる月1回の「Ncafe(エヌカフェ)」は、毎月楽しみにしています!本社にいくと久しぶりに会う人と情報交換したり、同期とランチに出かけたりすることも。

夜は二次会に行くことも多いのですが、参加は完全に自由。行かなくても全く問題ないですし、来なかったからといって色々言われることもありません。
家族のような仲の良さがある半面、こういうさっぱりしたところもあり、これもまたN&Iの魅力だと感じます。

N&Iという会社を一言で表すと?

毎年恒例の夏の社内イベント「屋形船」の様子

毎年恒例の夏の社内イベント「屋形船」の様子

「行きつけの居酒屋」

でしょうか?(笑)

普段はお客様の会社で働いていても、時々本社に戻るとほっとできる仲間がいて、安心感があるんです。「レストラン」ではなく「居酒屋」としたのは、それぐらい気楽につきあえるということ。レストランほどかしこまっていないし、Barほど静かでない。

先輩・後輩の間にも壁がなく、オープンなところもいいですね。仕事で困ったときに気軽に聞ける人がいるということは、良い仕事をするうえでもキャリアアップという観点でも、とても重要なことではないでしょうか。

仕事内容もさることながら、「良い人間関係」は働く上でとても大切なことだと思います。

SEやデータサイエンティストになろうと考えている人へ

未経験の人にとって、「データ分析」と言うととても難しいように感じられるかもしれませんが、中にはExcelで計算を行うというような作業もあります。仕事の難易度は様々ですし、N&Iではとにかく丁寧に研修をしてもらえますので、安心して仕事をすることができるでしょう。

大学では文系の学部(経営学部)を卒業しましたが、理系・文系はそれほど重要ではありません。文系の私もこうやって、やりがいを感じながらデータ分析の仕事をしています。データ分析という仕事は、様々な社会問題を解決する可能性を秘めています。これからますます必要とされ、伸びていく業界ではないでしょうか。

キャリアアップのためにも、社会貢献のためにも、N&Iで一緒にデータ分析の仕事をしてみませんか?

下地さん

エントリーフォームはこちら

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ

株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ