インフラ・セキュリティ・ネットワークエンジニア株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
Top
 

VMwareの機能EVC(Enhanced vMotion Compatibility)について

N&I SystemsTechnology VMwareの機能EVC(Enhanced vMotion Compatibility)について

VMwareの機能EVC(Enhanced vMotion Compatibility)について

みなさん、こんにちはN&I技術部のSKYです。
残暑もようやく落ち着き過ごしやすくなりましたが、皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

現在、弊社ではWindows 2003のサポート終了まで1年を切りWindows2003のリプレイス案件が増えております。

仮想化環境をすでに構築されているお客様は、既存のWindows2003サーバをリプレイスする機会に、仮想環境で統合しようと考えていらっしゃるかもしれません。

仮想環境では仮想ゲストを簡単に追加でき動作してしまう為、いつの間にかリソースが一杯になってしまうこともあります。

そこで、現在運用中の仮想環境(VMwareのvMotionやHA、DRS)でハードウェアを追加する方法をお伝えします。

 

VMwareが提供しているvMotionやHA、DRSなどといった便利な機能は、実現する大前提として同じCPUが必要というのがあります。

ハードウェアを追加すると前に運用していたCPUは世代が変わり最新になってしまいます。(同じCPUが用意できれば問題ありませんが・・・)

その場合、通常ではvMotionやHA、DRSは動作できません。

そこで必要となってくるのがEVC(Enhanced vMotion Compatibility)という機能を使用します。
(最新CPUを前の古いCPUにパフォーマンスを合わせてしまおうとする技術となります)

この技術を使うことにより世代の違うCPU同士でもvMotionやHA、DRSを動かせます。

 

EVCモードなしのイメージ図

EVC1

 

EVCモード有効のイメージ図

EVC2

 

EVCを利用するには下記制約があります。

  • Intel or AMDどちらか一方のCPUで統一
  • ホストがvCenterServerで管理されている
  • ESX3.5Update2移行を実行していること
  • ハードウェア仮想化(AMD-V or IntelVT)対応のCPU
  • 実行無効化テクノロジ(AMD No eXecute(NX)またはIntel eXecute Disable(XD)対応CPU
  • VMware公開のCPUベースラインに該当

上記制約が満たされていればvMotionやHA、DRSなど可能となり便利になりますがデメリットも存在します。

 

【デメリット】

    • 古いアーキテクトに合わせるため最新のCPU機能が使用できない。
    • 運用途中でEVCを有効化するとWindowsOSのライセンス認証が発生する可能性が高くなります。

(EVCによりマスクされたvCPUで起動することにより別ハードウェアとしてWindowsが認識しライセンス認証が発生する可能性もございます)

 

個人的にはvMotionやHA、DRSで使用しなければ、最新CPUで使用した方がいいかもしれませんがvMotionやHA、DRSで使用する場合にEVCはお勧めとも考えられます。

ということで今回は、VMwareの機能をご紹介致しました。

これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にお気をつけください。

 

坂井

 

 

 

Top